ぶらりデジカメ

seico5822.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 24日

京都 祇園

6月21日 情緒あふれる祇園にいきました。
白川の近くの「北斎」で「北斎遊膳会席」を頂きました。とてもおいしかったのでカメラに収めるのも
忘れて頂きましたが、最後のミニ御猟鍋がとても野趣にあふれ、面白かったので遅まきながら、
とってみました。
c0009190_21142217.jpg

鎌倉時代宮仕えの公達が、洛北の北山へ狩猟に行っての帰り道、雲ケ畑の百姓に獲物の料理を
命じましたが、あいにく鍋にひびが入っていたので、畑を耕す鍬を加茂川の水で洗い清め、野鳥を
焼いて供したところ、公達はその野趣あふれ素朴な味に、舌鼓を打ちました。それ以後、北山に
狩猟に行くときまってこの鍬鍋の料理を楽しんだので、いつしか御猟鍬鍋と呼ばれるようになり、
それに研究と改良を加えたのが、この御猟鍋だそうです。鍋の食材には蓑がかぶせてありました。
c0009190_21334020.jpg

c0009190_21342756.jpg

食後、白川沿いに大和橋から辰巳橋まで歩きました。有名な歌人吉井勇の
 「かにかくに祇園は恋し寝るときもまくらのしたを水の流るる」と歌った雰囲気をあじわいました。
c0009190_21414380.jpg
c0009190_21432324.jpg

[PR]

# by seico5822 | 2012-06-24 21:44 | お出かけ
2012年 06月 24日

新しいデジカメで

パソコンとデジカメを更新したので、試し撮りをしました。ベランダからの風景。クリックすると大きくなります。
c0009190_209341.jpg

マリンパークまで行って見るとブラシノキが咲いていました。
c0009190_2011339.jpg

と、チョコチョコ出てきたのは、ハクセキレイです。
c0009190_20134511.jpg

アジサイの花も見ごろでした。
c0009190_2014378.jpg

一応、風景、花、鳥さんも撮れる様です。何とかブログに戻りたいです。
[PR]

# by seico5822 | 2012-06-24 20:16 | 六アイ風景
2010年 11月 26日

京都紅葉めぐり(1) 長岡京

11月25日(水)京都紅葉めぐりのバスツアーに参加した。
8時30分梅田を出発、9時30分長岡京の光明寺に到着した。
光明寺
  光明寺の開山第一世は法然上人だが、建久9年(1198)の創建に力を尽くしたのは、平敦盛の
  首を打ち無常観を法然上人によって癒された熊谷次郎直実です。
  西山のふもとに広がる光明寺は、秋になると鮮やかな紅に染まる。
御影堂への表参道脇の紅葉
 
c0009190_20484576.jpg

 
c0009190_20512670.jpg

御影堂
 
c0009190_2057371.jpg

信楽庭と勅使門
 
c0009190_2054365.jpg

外から見る勅使門
 
c0009190_20551734.jpg

もみじ参道
 
c0009190_2058117.jpg
 

次いで同じ長岡京市の新西国霊場第17番札所の楊谷寺を訪れた。バスは下ってくる車があると、
お互いに譲り合わなければいけないような細い山道を登っていく。縁日でもなければ、車をもたない
私には訪れにくいお寺だ。

楊谷寺
  大同元年(806年)京都東山清水寺開創の延鎮僧都よって開山された。
c0009190_21145718.jpg

独鈷水(おこうずい)  弘法大師法力による霊水
c0009190_21241913.jpg

奥の院へ通じる坂道
c0009190_2125262.jpg

坂道より
c0009190_21264122.jpg

[PR]

# by seico5822 | 2010-11-26 11:53 | 寺社
2010年 11月 25日

京都紅葉めぐり(2)鷹峰三山

正午ごろ車窓から東寺を見て、東山で湯豆腐湯葉会席の昼食をいただく。
智積院の紅葉もとても美しい。
2時過ぎ常照寺の駐車場に到着。
常照寺
江戸初期の太夫で諸芸に秀でた吉野太夫ゆかりの寺。
吉野太夫寄進の山門(赤門)
c0009190_10132476.jpg

本堂
c0009190_10191220.jpg

吉野太夫の墓
c0009190_10203226.jpg

庭園の紅葉
c0009190_1022294.jpg
c0009190_10221522.jpg
c0009190_10223521.jpg

帯塚 女性の心の象徴『帯』に感謝し祈りを捧げる全国初の帯塚。昭和44年5月建立。
c0009190_1026264.jpg

源光庵
本堂は元禄7年(1694)の創建
c0009190_1037165.jpg

  本堂の天井は鳥居元忠一党が自刃した伏見城の床板をうつした血天井。
悟りの窓
c0009190_10413412.jpg
 
  円は禪の心と大宇宙を象徴する 
迷いの窓
c0009190_10442954.jpg

  四角は人間の生涯を象徴し、生老病死四苦八苦を表す
枯山水の庭園
c0009190_10475135.jpg

参道にて
c0009190_10485490.jpg


光悦寺
c0009190_10502860.jpg

  陶芸や書道、茶道などに多才を発揮した本阿弥光悦は徳川家康からこの地を拝領し、
  一族や多くの工芸職人とともに芸術村を営んだ。光悦没後、寺として日蓮宗光悦寺と
  なった。鷹峰三山を望む境内には7つの茶室が点在している。
三巴亭茶席
c0009190_110571.jpg

大虚庵茶席と光悦垣
c0009190_1124793.jpg

紅葉の光悦垣
c0009190_1134865.jpg

了寂軒茶席
c0009190_1145695.jpg

鷹峰三山(鷹ケ峰、鷲ケ峰、天ケ峰)
c0009190_119166.jpg

本阿弥庵茶席
c0009190_1194890.jpg

光悦の墓碑
c0009190_11104933.jpg

ライトアップの永觀堂
     17時半前永觀堂のライトアップを見るため、バスで永觀堂へいく。すごい行列だ。
     団体は個人とは別の行列だ。
     永觀堂は数回訪れたことがあるが、夜の永觀堂は始めてである。ライトアップされた
     永觀堂や紅葉を撮りたいと思ったが、私のカメラや力ではむりだった。
c0009190_1191994.jpg

c0009190_1194371.jpg
c0009190_1110749.jpg
c0009190_11103271.jpg
c0009190_11105226.jpg
c0009190_1111165.jpg

[PR]

# by seico5822 | 2010-11-25 10:28 | お出かけ
2010年 11月 14日

志賀直哉旧居(1)

正倉院展を鑑賞したあと、奈良在住の友人に会い、国立博物館横のテントで柿の葉寿司とおでんを
食べた。そこに鹿が侵入、食べ物を求めて、テーブルの間を歩き回り、テーブル上に置いていたおで
んを食べた後のトレーの残り汁をなめ始めた。奈良の鹿は食べ物をもらうとお辞儀をするとテレビで
放映していたが、この鹿はテーブルの上の紙袋をとったり、残り物をあさったり、厚かましさはこの上
もない。
c0009190_21342740.jpg

食後、友人の案内で志賀直哉旧居に向かう。途中奈良公園で、空洞になった幹の中から5本の竹が
顔を出している「むくろじ」の樹を見つけた。竹の生命力には驚いた。
c0009190_2139822.jpg

旧奈良県物産陳列所
c0009190_2140339.jpg
c0009190_21405465.jpg

  明治35年竣工。京都宇治平等院の鳳凰堂の形をしている。
飛火野から志賀直哉散歩道をたどる。
c0009190_21475752.jpg
c0009190_21482056.jpg
c0009190_21484061.jpg
c0009190_2148573.jpg
c0009190_21491312.jpg

[PR]

# by seico5822 | 2010-11-14 21:57 | お出かけ
2010年 11月 13日

志賀直哉旧居(2)

静寂そのものの森の小道を通り抜けるとまもなく志賀直哉旧居の門が見えた。
c0009190_1045449.jpg

志賀直哉は奈良の古い文化財や自然に対するあこがれ、またすでに奈良の高畑に住んで
いた友人たちの薦めにより、昭和3年、自ら設計し、京都の大工に依頼して、高畑大道に造った
邸宅に翌4年移住した。
数寄屋造りを基調にしながら、広い洋風のサンルームと娯楽室(見取り図では食堂)を造り、
ここが彼と前後して高畑に移り住んできた画家や作家など文化人のサロンのようになり、文化
活動の核になった。こうして当時奈良の水門町に住んでいた武者小路実篤らとともに白樺派
文化の中心を奈良高畑に開花させた。同時に奈良、京都を中心とした有名な古文化財を見て
回った。ここで彼は、尾道時代から手がけていた大作『暗夜行路』を完成させた。
しかし、奈良の古い文化や自然の中に埋没して時代遅れになろうとしている自分を見、また子供の
教育を考え、昭和13年東京に居を移した。
この邸宅は、その後人手に渡り、進駐軍に接収されるなど変遷を経たが、今回学校法人奈良学園
セミナーハウスとして、建築細部まで旧に復して公開された。
見取り図(クリックすると大きくなります)
c0009190_16425988.jpg
二階客間
c0009190_12374056.jpg

北には春日の杜を透して飛火野が展開し若草山の山焼きも見える。鴨居の横木一つにも
直哉のこだわりが見られる。
c0009190_1243363.jpg

『暗夜行路』が完成した書斎
c0009190_12454045.jpg

廊下の窓
c0009190_12464168.jpg

階下の茶室
c0009190_16454938.jpg

天井にもこだわりが見られる。
サンルーム
c0009190_1648739.jpg

食堂(娯楽室)
c0009190_1649184.jpg
c0009190_1649183.jpg

床の間のような感じにソファーを設え、子供が熱を出したりすると、このソファーに寝かせて子供を
看病したこともあったそうである。この部屋の長押は赤松。
直哉の居間からみた子供たちの勉強部屋
c0009190_1658954.jpg

直哉の居間は、西は子供たちの寝室に隣接し、居間の下の窓から南に隣接した子供たちの勉強
部屋を見ることができる。子供たちの勉強部屋の床はコルクにするなど心配りをしている。
直哉の居間からみた西の子供たちの寝室
c0009190_1795436.jpg

庭には子供たちのための小さなプールが作られていた。
c0009190_17112021.jpg

その他、浴室にはシャワーが取り付けられ、台所には大きな冷蔵庫が備え付けられるなど
いたるところに直哉のこだわりがみられる。また、婦人の部屋をサンルームに隣接させたり、
子供たちの部屋を自分の部屋に隣接させるなど、直哉の家族に対する愛情にあふれた邸宅を
訪ねて、大作家志賀直哉が身近に感じられるようになった。
[PR]

# by seico5822 | 2010-11-13 10:45 | お出かけ
2010年 10月 23日

秋の一日

10月20日(水)味わいのある京の一日を楽しみました。
まず、老舗竹屋町魚常でまったけ弁当を賞味しました。
c0009190_1840673.jpg

食後、御所の九条家の庭園で目の保養をし、御苑を散策しました。
c0009190_18431477.jpg

c0009190_18435149.jpg
c0009190_1844111.jpg
c0009190_18442440.jpg
c0009190_18444024.jpg
c0009190_18445725.jpg

その後東山三条の並河靖之七宝記念館を訪れました。
c0009190_18471761.jpg

パンフレット
c0009190_1848678.jpg


 『建物は表屋・主屋・旧工房・旧窯場が国登録有形文化財および、京都市指定歴史的意匠
 建造物に、庭園は京都市指定名勝に、それぞれ指定されています。当時の面影漂う環境の
 中で、国登録有形文化財となった七宝作品、下絵、製作道具類に加え、並河家に伝わる靖之
 ゆかりの品など』(パンフレット抜粋)を鑑賞、並河七宝の素晴らしさに魅了されました。
 庭園は七代目小川治兵衛の作庭で琵琶湖疎水を取り入れています。
疎水取り入れ口
c0009190_19175486.jpg

c0009190_19182262.jpg

その後、夕暮れの先斗町を散策しました。
c0009190_19194689.jpg
c0009190_192089.jpg

[PR]

# by seico5822 | 2010-10-23 10:11 | 京都
2010年 10月 22日

京都府立植物園

10月17日(土)『京都ギリシャローマ美術館』での講演会に参加するため京都地下鉄北山駅で下車、
2時の開始にはだいぶ時間があったので、近くの京都府立植物園に立ち寄りました。北山門から入り
噴水のまわりを1時間あまり散策しました。
c0009190_1143218.jpg
c0009190_11433664.jpg
c0009190_11435270.jpg
c0009190_11441160.jpg
c0009190_11442456.jpg
c0009190_11444328.jpg
c0009190_1145358.jpg
c0009190_11451711.jpg

近くの京都コンサートホール
c0009190_11565710.jpg

閑静な住宅街にあるとても雰囲気のある美術館、京都ギリシャローマ美術館は、古代ギリシャローマ
時代の素晴らしいコレクションです。パンフレットから
c0009190_11542392.jpg

c0009190_16352959.jpg

[PR]

# by seico5822 | 2010-10-22 11:58 | 京都
2010年 05月 20日

エジプト・ギリシャ・トルコ3ヵ国大周遊

5月4日『エジプト・ギリシャ・トルコ3ヵ国大周遊15日』のツアーに参加するため関西空港に向かいました。
旅行の行程
c0009190_11193570.jpg

エジプト航空0963便で19:45集合、21時45分出発です。
関空には19時15分到着、集合場所には添乗員のKさんが出迎えてくださいました。 とても感じの
よい方で、若く見えましたが、お話の様子では、ベテランのようでホットしました。
ツアー客は18名。退職なさったばかりの60歳前後のご夫妻が多いようです。説明を受け各自出発ゲートに向かいました。
予定通り、21時45分に離陸しましたが、都合で座席を変わることになり、新しい座席に着いて、帽子がないことに気づきました。どうも関空に忘れてきたようです。帽子、サングラスは忘れないようにと注意されていたのに大失敗です。晴雨兼用の傘を持っていたのが救いです。
例によって、機中では眠られず、新聞を読んだり、お隣の人とおしゃべりをしたりして、長い時間を過ごし、やっと予定より少し早く5日午前5時半ころ(現地時間―日本との時差ー6時間)ルクソールに到着。外は40度を越える暑さだそうです。座席で1時間あまりを過ごし、午前6時50分ルクソールを離陸、カイロに向かいました。カイロ着8時、11時30分カイロ発、アテネに向かう予定でしたが、ここで大変なニュースが入ってきました。アテネに騒動が起こり、アテネに向かう飛行機はストップ!! 私たちはカイロどまりになったのです。旅行会社や添乗員の尽力で、Fairmont Towers Hellopolisに落ち着くことになりました。
モダンなホテルで、さっそく帽子などを売っている店を探しましたが、見つかず、ガッカリ!!
c0009190_2210304.jpg
c0009190_2211245.jpg
c0009190_22112072.jpg
c0009190_22113584.jpg

化粧室もとても気が利いています。
c0009190_22123760.jpg
c0009190_2212534.jpg

[PR]

# by seico5822 | 2010-05-20 23:27 | エジプト・ギリシャ・トルコ
2010年 05月 20日

エジプト:メンフィス・サッカラ・ダハシュール観光

今日はアテネ観光のはずが、アテネにいけなくなったので、カイロのホテルで昼食後、急遽本来はオプショナルツアーだったメンフィス・サッカラ・ダハシュール観光をすることになった。
車窓観光をしながら、南へと走り、3時頃ダハシュールに到着。砂漠の中にいくつかのピラミッド群を見たとき感動した。赤のピラミッドはスネフル王(BC2600年頃:クス王の父)の2番目のピラミッドで、赤みをおびた石灰岩で築かれ、断面が二等辺三角形の真正ピラミッドとしては最古のものだ。
c0009190_145969.jpg

南のピラミッドは屈折ピラミッドと呼ばれ、彼の3番目のピラミッドである。
c0009190_153537.jpg

高さ105mの真ん中あたりで角度が変わり、上部は43度、下部は52度と傾斜が緩くなっているので、屈折ピラミッドと呼ばれているのだが、その理由には諸説がある。
ここからヤシの林の茂る農村地帯を北にたどる。
c0009190_15294156.jpg

小さな集落の中に、メンフィス博物館があった。
1階に、足の一部が欠けた身長15mもあるラメセス2世(BC1275年頃 シリアのカデシュでヒッタイトと戦った王)の巨像が横たわっていた。
c0009190_1538593.jpg

建物の前の広場には1912年に発見されたアラバスタ製のスフィンクスがある。
c0009190_15443961.jpg

広場にはいくつかの像があったが、左足を1歩前に出した像は生きている姿をあらわしたものだそうだ。
c0009190_16404980.jpg

閉館時間の4時になり、機関銃をもった警備のひとに急かされ、博物館を後にした。
サッカーラの世界最古のピラミッド、ジュセル王(BC2650年頃)の階段ピラミッドにむかった。
走ること30分、広大な砂漠台地に階段ピラミッドがあった。王の命を受けた大臣イムホテブは、当時主流とされていた台状の墳墓(マスタバ墳)を積み上げて階段状にした。(6段60m)東西277m南北545mの周壁に囲まれ 階段ピラミッドを中心にセド祭殿、葬祭殿その他の付属建造物があり、ピラミッドコンプレックスの形が残っている。周壁に1ヵ所ある入り口から入り、2列に20本の柱が並ぶ柱廊を抜けると、中庭になる。
c0009190_16411395.jpg

c0009190_1641185.jpg

中庭の北に階段ピラミッドがある。
c0009190_16413427.jpg
c0009190_16233676.jpg

中庭の東側のこの3つの柱の後ろが王の小館でこの裏側がセド祭の中庭である。セド祭の中庭の北に南の家があり、この裏(北側)に北の家がある。
階段ピラミッドの北側には葬祭殿やセルダブがあるが現在は非公開である。
サカーラは周辺に観光客向けに実演をしてみせるカーペットスクールが点々と並ぶ。その一つに立ち寄った。絹とか羊毛といった素材や模様により、少年少女から経験豊かな技術者までいろいろ実演していた。
c0009190_1731528.jpg

帰途車窓から逆光のなか、堂々としたシダデル(十字軍を打ち破った中世アラブ世界の英雄・サラディンが、1176年対十字軍の拠点として建設した城砦。彼の死後も建設が進められ、19世紀のムハンマド・アリの時代まで支配の中枢として機能した)。
c0009190_17193436.jpg
c0009190_17195156.jpg

翌朝9時過ぎの出発まで、ゆっくりとホテルの庭園を散策する。

c0009190_17214655.jpg
c0009190_1722375.jpg
c0009190_17222272.jpg

[PR]

# by seico5822 | 2010-05-20 22:56 | エジプト・ギリシャ・トルコ