カテゴリ:英国旅行( 22 )


2006年 07月 16日

イギリス旅行(1)

イギリス人と結婚し、ロンドン在住の大学時代のクラスメートから
「イギリスでクラス会をしましょうよ。各地を案内しますよ。」という提案があり、実施
することになったが、親の介護、孫の世話、自身の健康など諸事情があり、日本から
参加することになったのは、クラスの人やその知人9人。
在英のKさん、幹事のTさん、Yさんがホテル、航空券、ドライヴァー付きのマイクロバス
などすべて手配してくださり、必要経費を送金し、成田、関空、岡山、福岡空港から飛び
立ち、ソウルで結集することになった。
私は6月26日関空からだだ一人出発した。ソウルに集まったとき、一番イギリス旅行を
楽しみにしていた人が急病で出発日に入院、不参加になったことを知った。私も健康状
態はいまいちなのでみんなに迷惑をかけないように楽しもうと心した。
宿泊地
1日目  6月26日(月) 関空~ソウル~ロンドン              ロンドン泊
2日目  6月27日(火)                               ロンドン泊
3日目  6月28日(水)                               ヨーク泊
4日目  6月29日(木)                               ヨーク泊
5日目  6月30日(金)                               エジンバラ泊
6日目  7月1日 (土)                               エジンバラ泊
7日目  7月2日 (日)                               湖水地方泊
8日目  7月3日 (月)                               湖水地方泊
9日目  7月4日 (火)              ストラッドフォード・アポン・エイヴォン泊
10日目 7月5日 (水)              ストラッドフォード・アポン・エイヴォン泊
11日目 7月6日 (木)                               ロンドン泊
12日目 7月7日 (金)                               ロンドン泊
13日目 7月8日 (土)   夕方ロンドン発
14日目 7月9日 (日)   夜11時帰宅
宿泊地だけは決まっていたが、道中みんなで相談しドライヴァーの意見を聞きながら
訪れる場所を決めようということになった。
どこに立ち寄ることができるのか楽しみである。
夕方5時ごろ8人がヒースロー空港に降り立ったとき、KさんとKさんの知り合い
でポーターを務めてくれる19歳のジョー君と18歳のルーク君が出迎えてくれた。
二人とも好青年である。
[PR]

by seico5822 | 2006-07-16 23:15 | 英国旅行
2006年 07月 16日

英国旅行(2)キューガーデン

27日(晴れ)
ロンドンでは自由行動だ。私は1981年チャールス皇太子が故ダイアナ妃と結婚式を
あげたおよそ1ヶ月後はじめて英国を訪れた。街中祝賀ムードがあふれていて、街路
はパレードのあとをとどめていた。店々のショウウインドには2人の写真がかざられ、
有料トイレでまでお二人の写真が飾ってあった。時が移り二人は離婚、ダイアナさんは
故人となり、チャールス皇太子は再婚した。
前回、ロンドンには5日ほど滞在して歩き回ったので、今回はまだ行ったことのない
キューガーデンを友人二人と訪れることにした。他の人たちはロンドン市内観光をする。
キューガーデンは、そのコレクションの多様さと造園技術の歴史と発展における多大な
貢献がみとめられ、2003年7月ユネスコ世界遺産の指定を受けた。
面積約300エーカにおよぶ広大なガーデンである。
地下鉄キューガーデン駅
c0009190_21593891.jpg

キューガーデンのメインゲート
c0009190_2205138.jpg

パーム・ハウス
熱帯雨林と同じような環境にたもたれている。
c0009190_2225945.jpg

c0009190_2232481.jpg

テンペレート・ハウス
ビクトリア時代に完成した世界最大の温室。
c0009190_225724.jpg

c0009190_2252834.jpg

パゴダ
1762年に完成した六角形の十重塔。高さ50メートル近い。
c0009190_2284893.jpg

日本庭園と勅使門
c0009190_7164065.jpg

いろんな種類の鳥がいた。クジャクは人々にえさをねだっていた。離れすぎていて
クジャクの舞には、間に合わなかった。
c0009190_22101190.jpg

c0009190_22102780.jpg

c0009190_22104861.jpg

[PR]

by seico5822 | 2006-07-16 22:15 | 英国旅行
2006年 07月 16日

英国旅行(3)キューガーデン

キューガーデンの正式名はRoyal Botanical Gardens,Kew.
1759年に、ジョージ3世の母后プリンセス・オーガスタによって設立された。
その後50年ほどで、ウィリアム・チェンバーズの設計によるパゴダなど装飾的な
建造物が次々と建設され、世界各地の植物の収集にも着手。19世紀のビクトリア
時代にはパーム・ハウスとテンペレート・ハウスが完成。
20世紀に入ると学術的研究に重点が置かれた。今日のキューガーデンは、植物学
研究と植物保護の最高峰として世界をリードしている。
キュー・パレス
ジョージ3世の離宮でもあった17世紀の離宮。
c0009190_6441488.jpg

クイーンズガーデンから
c0009190_6444676.jpg

キューガーデンには他にもいろいろな建物、温室、アヒルがたわむれる人造湖などが
ある。
現在4万種以上もの植物が育てられ、植物標本の数は700万点以上。
c0009190_6544934.jpg

c0009190_655987.jpg

c0009190_6552730.jpg

c0009190_6561465.jpg

その花
c0009190_657381.jpg

パコダツリー
c0009190_705186.jpg

モンキーパズルの木
c0009190_715569.jpg

[PR]

by seico5822 | 2006-07-16 21:09 | 英国旅行
2006年 07月 16日

英国旅行(4)キューガーデン

キューガデンは子供や高齢者は割引があり、一日のんびりと楽しんでいる人も多く、
校外学習に来ている生徒たちも多かった。
のんびりすごしている親子
c0009190_20273219.jpg

アヒルやカモのいる人造湖
c0009190_2029348.jpg

バラ園
c0009190_20292838.jpg

c0009190_20294370.jpg

スイレンの家
c0009190_2030331.jpg

ロックガーデン
c0009190_2031499.jpg

c0009190_20312266.jpg

[PR]

by seico5822 | 2006-07-16 20:32 | 英国旅行
2006年 07月 16日

英国旅行(5)ブロンテ姉妹ゆかりの地ハワーズ

6月28日(水) 快晴
8時30分ロンドンのホテルを出発、今夜の宿泊地ヨークに向かう。
途中『嵐が丘』『ジェーン・エア』など、英国文学史に偉大な足跡を残したブロンテ姉妹
ゆかりのハワーズを訪れることに全員一致。
途中道を間違えたこともありハワーズに着いたのは午後3時まえ。
メインストリートの小さなレストランで遅い昼食をとり、ハワーズ・パリッシュ・チャーチを
訪れる。
ハワーズ・パリッシュ・チャーチ
姉妹の父親で、牧師のパトリックが説教をしていた。塔以外は当時の建物ではないが、
教会の外観や礼拝堂内部は静かで落ち着いた雰囲気。
c0009190_2245392.jpg
c0009190_225672.jpg

ブロンテ博物館
教会の背後にあるこの家に、ブロンテ一家が1820年から1861年まで住んでいた。
1779年に建てられた小さなジョージ王朝様式の建物。
内部は、一家が住んでいた当時のように再現されている。
c0009190_2294746.jpg

博物館横の花壇
c0009190_2251111.jpg

c0009190_2252541.jpg

博物館から見る教会
c0009190_2211718.jpg

メインストリート
c0009190_22114124.jpg

博物館近くの草原…ムーアを連想する
c0009190_22125638.jpg

c0009190_22131524.jpg

果てしなく続く荒野に吹きすさぶ風。8月末には紫一色に染め上げられるヒースの茂る
ムーアを散策してみたかったが、時間がなく3時間あまりでハワーズを後にする。
駐車場横の建物
c0009190_22204289.jpg

18時40分ヨーク近郊のホテルに到着。
[PR]

by seico5822 | 2006-07-16 19:29 | 英国旅行
2006年 07月 16日

英国旅行(6)ヨーク・ミンスター

6月29日(木)晴れ
町の歴史は71年ローマ人によって創設された都市からはじまり、ローマ、サクソン、
デーン、ノルマンと多くの民族の争いに巻き込まれ、また交流してきた。
9時リーズ近郊のホテルを出発。バスは静かな郊外を40分あまり走ってヨークに到着。
ヨーク・ミンスター遠望
c0009190_23251162.jpg

ヨーク・ミンスターは13世紀の初めから約250年の歳月をかけ、1472年に完成した
イギリス最大のゴシック建築。
c0009190_23275596.jpg

c0009190_2354476.jpg

ローズ・ウィンドウ・グラス
c0009190_23285537.jpg

中に入るとちょうど合唱隊の撮影が始まるところだった。
c0009190_2330532.jpg

内部から見るステンドグラスはとても美しい。
グレート・イースト・ウィンドウ
単独の窓にはめられた世界最大の中世のステンドグラスで天地創造と世界の終わり
をモチーフにしている。
c0009190_23352131.jpg

ローズ・ウィンドウ・グラス…南翼廊
1500年前後のもの。バラ戦争の終結を記念して作られ、チューダー朝のバラが描か
れている。
c0009190_23523950.jpg

グレートウェスト・ウィンドウ
ハート型の石の上部飾りは1338年メルトン大主教から授かった。
c0009190_234479.jpg

聖歌隊仕切り
15世紀作成。ウィリアム1世からヘンリー6世(1066年~1471年)にいたる英国王の
像で飾られている。
c0009190_23471755.jpg

[PR]

by seico5822 | 2006-07-16 18:20 | 英国旅行
2006年 07月 16日

英国旅行(7)  ダラム大聖堂とダラム城…世界遺産

6月30日(金)晴れ
早く目が覚めたので、朝食前の6時から7時までホテルの周りを散歩した。
ホテルは自然公園のなかにあり、リスが走ったり、野うさぎがいたり、楽しい
散歩であった。池には、数多くの水鳥が群がっていた。
c0009190_21142989.jpg

c0009190_21145070.jpg

日本では、もう散ってしまっていた花が満開だった。
c0009190_21172222.jpg

c0009190_2117407.jpg

c0009190_21181940.jpg

c0009190_21183698.jpg

c0009190_21185818.jpg

7時から朝食、9時出発、エジンバラに向かう。
今日は途中どこに行くか相談の結果、世界遺産のダラム大聖堂とダラム城に立ち寄る
ことになった。
ダラムとその周辺地域はプリンス・ビショップと呼ばれる司教によって支配されてきた。
ダラム大聖堂はノルマン=ロマネスク様式の建築のなかでもその規模と様式において
傑出している。この建物の主要部分は1093年から1133年の40年間で建造されたが、
司教の住んだダラム城とともに、北方部族に対する国境の要塞としての任務を果たしてきた。
ダラム城は19世紀以来、高名なダラム大学の一部になっている。私たちが訪れた日は
ダラム大学の卒業式で、ダラム大聖堂で卒業式が行われていたので内部はあまり見ら
れなかったし撮影はできなかったが、卒業式の様子を見ることができたのは幸運だった。
ダラム大聖堂とダラム城の間のパレス・グリーンには、テントが張られて、着飾った卒業生
や保護者であふれていた。
c0009190_21392016.jpg

c0009190_21395839.jpg

c0009190_21401573.jpg

c0009190_21571962.jpg

c0009190_21404145.jpg

c0009190_21574012.jpg

c0009190_2141496.jpg

卒業生
c0009190_21425018.jpg

ダラム城
c0009190_21432016.jpg

c0009190_21433864.jpg

[PR]

by seico5822 | 2006-07-16 16:30 | 英国旅行
2006年 07月 16日

英国旅行(8)アニック城(Alnwick Castle)

ダラムからALNWICKに立ち寄り、昼食をとった。ALNWICK(アニック)は旅行ガイドブック
には載っていなかったが、立派な古城があるとドライバー推奨の町だった。
ちょうどフェスティバルが行われていた。
街並み
c0009190_2140275.jpg

自家製の郷土菓子を売る出店
c0009190_21415393.jpg

魔女狩りの男に扮した男性
c0009190_2142592.jpg

たくさんの出店
c0009190_21435416.jpg

Alnwick Castle (アニック城)遠望
c0009190_21452645.jpg

アニック城はとても立派なお城であった。
帰国後調べてみると1309年以来ノーザンバーランド伯爵および公爵家の居城として
使われていて、居城としてはウィンザー城に次ぐイングランドで二番目を誇り、ハリー・
ポッターで、ホグワーツ魔法魔術学校の屋外風景として使われた。また映画『エリザベス』
にも使われた。
なお、アルン・キャッスルという種類のバラがある。花びらの多いとても美しいバラだ。

夕方エジンバラに到着。いったんホテルに落ち着いたあと、ニュータウンに食事に行く。
スコット・モニュメント…ニュータウンのプリンスィズ・ストリートに立つひときわ立派な塔。
スコットランドを代表する文豪、サー・ウォルター・スコットを記念して建てられた。
c0009190_2232670.jpg

[PR]

by seico5822 | 2006-07-16 15:20 | 英国旅行
2006年 07月 16日

英国旅行(9) エジンバラ城

7月1日(土)晴れ
午前9時エジンバラ城に到着。城が立つ岩山は、キャッスル・ロック(Castle Rock)
といわれ、城が築かれる以前から天然の要塞として利用されていた。
城は何度もの戦闘で破壊され、そのたびに再建と増改築が繰り返された。現在
残っている最古の建物は1110年に建てられた聖マーガレット礼拝堂である。
チケット売り場
c0009190_2046583.jpg

c0009190_20334658.jpg

エジンバラ城入口
c0009190_20362034.jpg

民族衣装の案内人
c0009190_20404044.jpg

c0009190_21155784.jpg

城門
c0009190_2037413.jpg

城門内から城門を振り返る
c0009190_20382756.jpg

城壁からエジンバラ新市街を眺める
c0009190_20434085.jpg

左…スコット・モニュメント 右…ナショナル・モニュメント  遠く…フォース湾
c0009190_20474245.jpg

c0009190_20505363.jpg

c0009190_20511381.jpg
c0009190_20513827.jpg

グレートホール
c0009190_2117873.jpg

c0009190_21173438.jpg

[PR]

by seico5822 | 2006-07-16 14:02 | 英国旅行
2006年 07月 16日

英国旅行(10) セント・アンドリューズ

エジンバラ城を見学したあと、Kさんのロンドンでの友人が今セント・アンドリューズで
教授になっていて、大学を案内して下さるとのことで、セント・アンドリューズに向かった。
北海に面した美しい町セント・アンドリューズはゴルフ発祥の地として有名。世界最大の
ゴルフトーナメント、全英オープンも、この町の広大なグリーンで催される。
町の名の由来となっている聖アンドリューズは、イエス・キリストの使徒の一人。 4世紀ごろ
ギリシャの修道士が、彼の遺骨をこの地に運んできた。  12~13世紀頃には壮大な
聖アンドリュース大聖堂が、15世紀初頭にはスコットランド初の大学、セント・アンドリューズ
大学が設立され、町は繁栄を極めた。しかし16世紀半ばの宗教改革によって、その多くが破壊された。
セント・アンドリューズ城
北海を見下ろす岸壁にたたずむ、13世紀に建てられた城跡。代々司教たちの住居であったが、砦としても重要な役割を果たしていた。
c0009190_21471184.gif

聖アンドリュース大聖堂…宗教改革によって破壊された。
c0009190_21481032.jpg

c0009190_21482638.jpg

c0009190_21484196.jpg

セント・アンドリューズ大学
c0009190_21492189.jpg

c0009190_21493820.jpg

c0009190_21501213.jpg

教授をかこんでとった昼食は潮の香のただようものだった。
夕方エジンバラに帰ってホリルードハウス宮殿を訪れたが、午後5時を過ぎていたので
残念ながら閉館されていた。鉄扉の間から写真を撮る。
c0009190_2158176.jpg

c0009190_21583344.jpg

ニュータウンの東にある小高い丘、カールトン・ヒルに行った。
丘の頂上部に建っているネルソン・モニュメントに登った。144段の狭い階段はきつ
かったが、頂上からの眺めは最高だ。
ネルソン・モニュメント
c0009190_2255422.jpg

ネルソン・モニュメントからの眺め…
プリンスィズ・ストリートとエジンバラ城
c0009190_228071.jpg

ロイヤル・マイル中心の聖ジャィルズ大聖堂
c0009190_2292639.jpg

ホリルードハウス宮殿全景
c0009190_22102121.jpg

セント・アンドリューズへいく時通ったフォース湾に架かる橋の遠望
c0009190_22135183.gif

スコット・モニュメントからもよく見えたナショナル・モニュメント
c0009190_22153152.jpg

ホテルから眺める夕焼けの町
c0009190_22163942.jpg

[PR]

by seico5822 | 2006-07-16 13:24 | 英国旅行